1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 子どものピアノ >
  4. 子どもを教えてる先生へお願い

ブログ

子どもを教えてる先生へお願い

バイトしている進学塾の模擬試験の作成が終わりました。連休前に模擬試験実施です☆

以前もここに書きましたが、中学受験のためにピアノを辞めるお子さんがとっても多い。とくに早い時期(小3ぐらい)で辞めてしまうのは、本当にもったいないと思います。

例えば、はなまるリトルや新演習などの一般でも手に入る四谷大塚系教材を使って、ピアノの先生が空き時間に算国の個別指導をしてあげれば子どもさんも大好きなピアノを辞めなくていいのに・・そう思えてしようがない。

高学年になって志望校が決まったら、受験校に合わせた対策が必要になります。これは中学受験専門塾に通うしかない。それまでは、ピアノの先生が勉強をみてあげてもらえないでしょうか。

ピアノの先生はピアノ指導が本職です。それはわかっています。でも、そこを何とかお願いしたいと思います。

「それだけ言うならアンタがしろ」と言われそうですが、残念ながら私は子どもの指導をしていないのでできないのです。ここをみてくださった子どもを教えているピアノの先生方、よろしくお願いします。

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング  


関連記事
ピアノ教室と塾のコラボについて (09月02日)
子どもを教えてる先生へお願い (04月25日)
子どもを教えてる先生にお願いがあります (12月21日)
とんでもないお子さんのレッスンの捉え方 (09月20日)
伸びる生徒の保護者の特徴 (06月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):