1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 教室の運営について >
  4. よい電子ピアノの見わけ方

ブログ

よい電子ピアノの見わけ方


casioのオフィシャルページ紹介してもらいました


casioのオフィシャルページで、他の教室と一緒に「みかんぴあの」を紹介して戴きました☆

kasioとくべつ
ページはこちら

それにしても他の先生方は、上手に教室の宣伝をされてますわ。私ももっと色々考えればよかった。けど、あとの祭りですねぇ。しゃあない・・しくしく。

ところで電子ピアノですが、ピアノの先生の中には「電子ピアノはピアノの代用品=アカン」という風潮が根強くあります。でも、先生がなんと言おうと、電子ピアノは生ピアノより売れています。

私は、この販売事実に背を向けず、そろそろピアノの先生も、電子ピアノの効果的な使い方について勉強すべきだと思うんですよ。えっ?もうやってます?失礼しました!さ~せんっ(汗)では、私も自論をぶっこかせて頂きます☆

よい電子ピアノの見わけ方


電子ピアノは、キーボードに毛が生えた程度の物から飛行機の操縦席ほど色々ボタンがついてるものまでピンキリです。でも、やっぱり一番気になるのはタッチですよね。ところが、そのタッチの差が、鍵盤の材質やタッチ操作など色々ありすぎてわかりにくい。

そこで、私が聞いた「よい電子ピアノの見わけ方」を書きます。実際に今まで色々な電子ピアノを弾いてみた結果、この条件にあてはまる電子ピアノは確かに弾きやすい。

その方法は、「ゆっくりとひとつひとつの鍵盤を端から静かに押さえていく」これだけです。よい電子ピアノは、音が鳴らない。イマイチのピアノは、そっと静かに押しても音が鳴るのです。

「電子ピアノで練習すると、生ピアノで音が鳴らない・・」と言うのは、ここに原因があります。力を入れなくても鳴るピアノで練習しているから困るのです。いい電子ピアノで練習すると、生との違和感が少なくてすみます。

casioハイブリッド セルヴィアーノはどうか


高音部から端っこ1vaと低音部5音は、まったく音が鳴りません。他の鍵盤もすぐには鳴らない。これは、ROLAND V-Pianoととっても似ています。

関係者には申し訳ありませんが、電子楽器はヤマハやカワイよりも、ローランドがダントツによい。なぜかというと、ローランドは生ピアノを作らず、ずっとデジタル楽器1本で勝負してきた会社だからです。やっぱ、違う。

casioは、ピアノより電算機やキーボードが有名です。でも、デジタルで勝負してきたことには変わりない。ちなみにローランドのVピアノは結構高い(約60万)。でもcasioのセルヴィアーノは、それに劣らないレベルで半額です。(あくまでタッチだけの比較ですが)お得じゃね?

電子ピアノの効果的な活用法


インベンションをはじめ、バロックの練習にかなり使えます。電子ピアノでつぶをそろえて綺麗に弾けるようになったら、グランドでもとっても綺麗に弾けます。モチーフも自然に表面に出てくるようになります☆騙されたと思ってぜひやってみてちょ(=^・^=)

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング
hanbaigakufu
みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画


コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):