本日 332 人 - 昨日 362 人 - 累計 552130 人

ピアノ教室差別化の落とし穴1:はじめに

otoshiana
これからのピアノ教室が生き残るには、差別化戦略が必要だ!ということで、多くの勉強熱心なピアノの先生は、HPの作り方やブログの書き方など、ネット集客について、経営の専門家のセミナーに参加されます。

でも、ごめんなさい。そこに参加されて熱心に勉強された人が多ければ多いほど、何もしない先生が逆に目立つ。だって、セミナーを受講した先生方のHPやブログはとっても似てるから。

専門家が勧める集客用HPやブログの書き方には、マニュアルがあります。ピアノの先生が、みな同じテンプレデザインや同じブログサービスを使って同じ手法でブログを書いたら、もうそれは差別化じゃない。逆にめっちゃ統一化になってしまいます(笑)

(あまりいい例じゃないけど)例えば茶髪の高校生は、目立つためにやってます。でもクラス全員が茶髪にしたら、逆にな~んにもしない黒髪の子が目立つ。何だかこれに似ています。

実は今年の3月に閉鎖するまで、私は約10年間某ブログサービスののおすすめサイトを運営していました。具体的には、面白い記事を書いているブログをピックアップし、数ヶ月間追跡調査をして、おすすめブログとして公開するサイトです。

私が思う良いブログの条件は、たったひとつです。そこで次回は、私がおすすめするブログをもとに、「いいブログの条件」について、自論をぶちこましたいと思います。待っててね♪



コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):