1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 大学・大学院・研究 >
  4. 放送大学に絵と本を飾ってもらいました

ブログ

放送大学に絵と本を飾ってもらいました

放送大学大阪センターに、西原先生の絵と、私のエッセイが掲載されている本が展示されました☆絵には、プレートとともに、西田先生のメッセージが書かれています。

IMG_20170112_111913_6CS
向かって左は、絵の作者で西原浩先生(元阪大工学科教授・元放送大学大阪センター所長)、右は、西田 正吾先生(大阪大学名誉教授・現放送大学大阪学習センター所長)です。

プレートの文字


プレートには、「三上香子さんの2016年度北野生涯教育振興会投稿論文二席を記念して」と書かれてあります。

西原先生の絵


大阪ビジネスパークOBPビルの上から見た、大阪城の景色です。いつかお話させていただきますが、この景色は私にとって思い出深い景色です。

obp

絵のタイトル


大阪城公園:ツイン21OBPタワーから 西原浩(作:寄贈)大阪学習センター元所長

西田先生のコメント


全科履修生の三上香子さんが書かれた「死に逝く者の学びから得たこと」という作品が、2016年度公益法人北野生涯教育振興会懸賞論文の二席に入賞しました。

この作品は、約10年前に亡くなるまで放送大学大阪センターで学び続けた「Aさん」のことを描いたもので、三上さんからは「Aさん」の思い出になるものを大阪学習センターに残したいというご希望があり、入賞賞金の一部をご寄付いただきました。

そこで、当時所長をされていた西原先生に「Aさん」が生前に勤務し、また{Aさん」と三上さんたちが何回かご一緒したOBPからの景色を水彩画として描いていただき、御寄付いただいた賞金で額とプレートを用意させていただきました。

この図書館にも、三上さんの入賞作品が掲載された本を2冊おいておりますので、是非ご覧ください。

2016年12月21日  大阪学習センター所長 西田正吾

先日、本を読んでくださった放大の学生さんから、ご感想のメールをいただきました。私は落ちこぼれ学生ですが、こういう形で大好きだった友人のことを形に残すことができて、本当に嬉しく思います☆
また、このような形で、望みを叶えてくださった西田先生、西原先生には本当に感謝しています。

お祝いに、ハルカスの「日本料理花外桜」に連れて行ってもらいました。めっちゃご~じゃす!!どのお料理も、それだけで絵になる。びっくりです!料理を芸術だと最初に言ったのはカント(だったかな?)ですが、なるほどです!

私のエッセイは『私の「先生」-誰からも、何からも学べる』の112ページから120ページに載っています。http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027758253-00

IMG_20170112_213517
西田先生から、「北野生涯教育振興会が全国の放送大学学習センターにこの本を寄贈してくださった」と聞きました。放大生の皆さんは、ぜひ所属するセンターで読んでください。ご感想をお待ちしています☆



コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):