1. HOME >
  2. ブログ >
  3. お知らせ・日記 >
  4. (続)JASRAC問題について

ブログ

(続)JASRAC問題について

前回、JASRACに関する記事 を書いたので、続編です。ここに書いてあるように、私が勤めてるカルチャーセンターでは、2012年から1講座につき10円の著作権料が発生しています。また、ミュージックハウス猫太郎では、月6000円の著作権料を支払っています。

そういう意味で、音楽教室だけが著作権料を払わなくていいのはおかしい・・というのが、前回の記事の要旨です。(払えと言っているのではありません。誤解されませんように)

ただ、支払われた著作権料がどこにいくのか・・これについては明記していませんでした。普通は、JASRACの社員と著作権をもつ者(作曲家など)のはずです。

でも、おかしいんですよ・・。カルチャーで使用しているピアノテキストは、『滝本式ピアノ教本』なので、著作者は私です。私が著作権をもっています。

でも、一円ももらったことがない。まぁ、1ヵ月10円を数人の生徒さんが支払うだけですから、金額にしては微々たるものです。でも、カルチャーからは、何の連絡もありません。JASRACからもです。

おかしくないですか?誰かが何か嘘をついてる。カルチャーかも知れないし、JASRACかも知れない。とにかく、支払われるべきお金が支払われていないのです。

色々謎が多いので、来週から半年間、放送大学で著作権法概論を勉強することにしました。

画像
著作権法概論の内容

がんばりま~す☆

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング


関連記事
相馬産タラフライを戴きました! (11月16日)
ちょっと変わったピアノ指導法伝達セミナー:メニュー (11月12日)
アシックスジャパンPEDELAのモニターに当選しました (11月09日)
友人が本を出版しました! (11月07日)
徹夜で色々かたづけました (10月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事