1. HOME >
  2. ブログ >
  3. ピアノについて思うこと >
  4. 生徒さんが減ってきたとき

ブログ

生徒さんが減ってきたとき

子どもさんを指導させてもらってるとき、年度末じゃないのに「生徒さんが減ってきたなぁ・・」と思うことがありました。

画像

そんなときは、チラシを撒いたりしてもお問い合わせの電話もなかったり、せっかく体験レッスンにこぎつけても、入会に繋がらなかったりする。

今思うと、そんな時がチャンスでした。いつのまにか、指導しにくい生徒さんがいなくなって、自分と合う生徒さんが残ってくれてたからです。

例えば、ラーメン屋さんをやってるとして、凄くにぎわってるけど乱暴なお客さんやクレーマーばかりだと、仕事が楽しくないし、とっても疲れる。ピアノ教室はラーメン屋さんとは違いますが、やっぱり相性が合わない生徒さんがいっぱいいると疲れます。

「生徒さんが減ってきたなぁ」と思ったときは、ひょっとしたら、そんなに悪いことじゃないかも知れない。相性が合わない生徒さんがやめていったんじゃないかなぁ。

それで、こんな時こそ、スキルアップのチャンスです。慌てて生徒募集をせず、今まで時間がなくてできなかったことができます。その中で、仕事に繋がる知識や人間関係がGETできるかも知れません。

今日は、生徒さんが減ってきたときについて、ちょっと目線の違う記事を書いてみました。すべて私が、子どもさんを指導していた時に経験したことです(今は全く関係ない 笑)

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング


関連記事
生徒さんが減ってきたとき (11月01日)
ピアノの先生がピアノ以外の指導を行うこと (10月23日)
雑誌「教育音楽」は子どものレッスンに使えます (10月11日)
PPAPの替え歌を作ろう (12月26日)
PPAPが流行った理由をマジメに考えてみた (12月21日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事