本日 246 人 - 昨日 396 人 - 累計 539786 人

ショパンの前奏曲とバッハの平均律

秋の練習会では、以前からぼちぼち練習してたクープランかスカルラッティを弾こうと考えていました。でも、せっかくスタインウエイを借りるのですから、ショパンを弾こうかと思い直しました。

ただ、私はバロッカーなので、ロマン派だけを弾くのはポリシーに反するぞ・・と言うわけで、ショパンの前奏曲とバッハの平均律を対比させて、レクチャーしながら弾くことにしました☆

ご存知のように、ショパンの24の前奏曲は、バッハの平均律を参考に作曲されています。ただ、バッハはC-dur→c-moll・・と同主調から半音あがりですが、ショパンはC-dur→a-mollと平行調なので、作品番号があわん。いちいち調を確認しながら曲選びをしています。めんどくせえな~(涙)

でも、ショパンは前奏曲(prelude)だけなので、バッハの平均律もpreludeだけでよい。これは助かります。人前でまともに平均律のfugaを弾くことは、至難の業だから。へっへへ~~☆

他にも、ショパンの2つのブーレ(遺作)と、バッハのクラヴィーア曲集の中にある2つのブーレも対比して演奏しようかと思っています。

まぁ、あ~でもない、こ~でもない・・と選曲してるときが一番楽しいかも!じゃ、いまからピアノで遊んできます!(^^)!

■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)
■音楽教室&カラオケ喫茶「ミュージックハウス猫太郎」は、こちらです

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo



コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):