本日 227 人 - 昨日 374 人 - 累計 528880 人

グループレッスンの格差を解消する魔法の指導法

大阪教育大学の論叢(論文を集めた冊子)に、論文が掲載されました・・と言っても、実は論文というには程遠いレベルです。そこで、「研究ノート」というタイトルにしました。

内容は、おとなのグループレッスンについてです。

グループレッスンで一番問題になるのは、生徒間の能力格差です。そこで多くのピアノ指導者は、その解決方法を教材に求めていました。でも、教材の選択だけではうまくいかないのです。

そこで私は、アメリカの成人教育学者マルカム・ノールズがいう「契約学習」に目をつけました。ノールズは契約学習を、「グループレッスンの格差を解消する魔法の指導法だ」と言っています。

その「契約学習」を3ヵ月間行った結果をまとめました。
下のリンクは、掲載された研究ノートです

社会教育学研究 第42号三上論文.docx
お時間がおありの方は、ぜひ読んでみてください♪

実は、契約学習はここに書いた3カ月ではなく、1年半にも及びました。で、その時の調査結果をもとに、私は『滝本式ピアノ教本』を使ったグループレッスン指導を行っています。ほんとうに面白いぐらい、生徒間の能力格差がまったく気になりません☆へへへへ☆

コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):