本日 14 人 - 昨日 418 人 - 累計 529085 人

お別れが続いています

「先生、ごめんね。もうしんどくて通えない。歩くのが辛いの。後期高齢者なので許してくださいね」そう言って、大阪市内から来てくださってたSさんは、9月に教室を去って行かれました。

「両耳が突然聞こえなくなりました。目も見えなくなくなりました。ピアノは辞めたくない。でも何も聴こえないし見えないの・・。ピアノを習うことが夢だった。夢がかなったのね。嬉しかった。ありがと、先生。」そう言ってTさんも辞めて行かれました。

そして一昨日。「ガンが見つかりました。先生、ピアノは楽しかったわ。娘も、おかあさんはとっても楽しそうに弾いてたって言ってくれた。テンペスト3楽章、まだ最後までみてもらってないのに・・。残念だけど」そういって、Nさんが辞めて行かれました。

今まで数多くの生徒さんとお別れしてきました。でも、何度経験しても、生徒さんとの別れは、少しも慣れることはありません。「さようなら」と言われた瞬間に、生徒さんが練習されてた曲とともに、生徒さんの笑顔や声や背中が浮かびます。

無事を祈ることしかできないのかな。見送ることしかできないのかな。私にできることはもうないのかな。。。できることがあれば、なんだってするのに。。



■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)


あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


コメント
[1] イズラー | 2018/11/20 06:03
それは切ないです。辞める理由が病気からみでは、引き留めようがないですね。
これを読んで、頑張って健康寿命を延ばそうと思いました。


[2] みかんぴあの | 2018/11/20 10:46
イズラーさん、こんにちは。ありがとうございます。本当に切ないです・・。おとなのピアノ教室では、病気退会は避けられません。病気で退会される方が「ピアノを習っていてよかった」と思ってもらえるレッスンとはどのようなものか・・をもっと真剣に考えないといけないと思いました。
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):