本日 67 人 - 昨日 396 人 - 累計 540418 人

女性学コロキウムに行ってきました

やっと大阪府立大学の女性センターにいくことができました。仕事?もちろん休みましたよ(笑)

jyoseigaku

日時:3月29日(金)午後3時~5時40分
場所:大阪府立大学中百舌鳥キャンパスB3棟2階 208講義室
講演テーマ:「資本主義批判としてのフェミニズム」
講演:伊田久美子
フェミニズム鼎談:伊田久美子・足立眞理子・上野千鶴子

40年前、大阪教育大学では女性だけダンスが必修科目でした。「それっておかしい」と思った私は、学生課に抗議して、授業をボイコットしました。すると、一番最初に私を攻撃してきたのは、教員でも大学事務局でもなく、同級生の女子学生でした。

彼女らは口々に「女がダンスを必修するのは、美のためだ」「これまでそうだったのだから、これからもそうすればいいだけ」「あなたのおかげで大学に問題が起こった」などなど。このように私は、はじめに同級生を敵に回したのです(笑)

そんな大昔のことを思いだしながら、伊田・足立・上野の女性学の大御所の教授陣の鼎談を、最前列で聴いていました。「もう女の口をふさげない」この一文は、勇気をもらいました。

女性差別について感情的に叫んでも、男社会の日本では通用しない。理論化する必要がある。そこではじめて男とジェンダーについて論じることができるというのが、宮本みちこ(ジェンダー研究家)の意見でした。

いま、女性学は学問として認められ、上野千鶴子をはじめ多くの研究者が日々研究を行っています。理論化は行われた。これからのジェンダー論は、学問域を超えて世の中に広く浸透すると思う。

IMG_20190329_144054 IMG_20190329_144747

大阪府立大学の科履生か聴講生になりたい。基本から女性学を学びたい。いま、切実にそう思います。

■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)
■音楽教室&カラオケ喫茶「ミュージックハウス猫太郎」は、こちらです

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo



コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):