1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 教室の運営について >
  4. こういう先生になりたい

ブログ

こういう先生になりたい

昨日は帝国ホテルチャペルで、知り合いの声楽コンサートがありました。それで、田中紘二先生(大教大名誉教授)に「今ご自宅ですか?近くまで来たのでご相談したいことがあるのですが」とメールしました。

すると、田中先生はすぐにお電話をくださいました。私は、無謀にも先生に「ホテルの橋のところまで来てください」と言いました(笑)。田中先生は、突然の呼び出しにも関わらず駆けつけてくださいました☆

そこで、思い切って「保育者養成の本をもう少し分けて欲しいこと」「1人30分のワンポイントレスンを計画しているので指導をお願いしたいこと」「6月29日のうちの生徒さん主催の音楽会に出て欲しいこと」の3つをお願いしました。厚かましいけど、今言わなきゃ~☆

そしたら、田中先生は、3つの私の要求をすべてのんでくださったんです☆信じられんほど嬉しかった!(^^)!以下は、その時の会話です。

【保育者養成の本の件】
この本は確かに手に入りにくいけれど、大人のピアノ研究会で使用してもらえるならどうぞ。是非、活用してください。

【ワンポイントレッスンの件】
30分は短いようですが、ピアノのレッスンというのは、「その時にどうするか」ではなくて、アドバイスを実際に自分で消化しながら答えをみつけていくものなのです。30分あれば大丈夫です。

【6月29日の音楽会の件】
何がいいですか?みんなが喜んでくれる曲を弾きたいですね。

・・・涙でた。突然呼び出されてお願いごとなんて、私だったら「はぁ?」と思う。それなのに田中先生は、笑顔で駆けつけてくれて、私の要求を全部飲んでくださっただけじゃなく、「僕はね、学生に音楽の楽しさが伝えられる教師になってもらいたいと思って指導しているんです」と、教員養成校の教員としてのポリシーも教えてくださいました。

ムリだと思うけど、絶対できないと思うけど、私は田中先生みたいな先生になりたいと思いました。この年になって、「こういう人になりたい」と思える人がいることは、私は幸せだと思います!(^^)!


コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):