1. HOME >
  2. ブログ >
  3. お知らせ・日記 >
  4. an弾手さんのコラムにメッセージを書かせて頂きました☆

ブログ

an弾手さんのコラムにメッセージを書かせて頂きました☆

皆さんは、an弾手さんをご存知ですか?ご存知ない方はこの本をご覧ください。大人のピアノ学習者(先生)なら、「見たことある!」とおっしゃると思います。そう、この本の著者が、an弾手こと、鮎川久雄さんです。



その鮎川さんさんから、「コラムの500回記念特別号に、メッセージををください」とご依頼を戴いたので、喜んで書かせて頂きました☆こちらです。
ピアノ初心者おじさんのピアノ奮闘記(バックナンバー)←ここに載ってます♪

私が鮎川さんの本に出会ったのは、大学の図書館です。ピアノ独学ピアノの本は2000年ごろから色々出てたし、コードを使ったピアノ楽譜もいくつもあったので、その中の一冊かぁと思い、手に取って読んでみました。

・・途端に吸い込まれた(笑)。とにかく、難しい理論やおかしなウンチクが一切ないのです。生き生きとピアノを楽しんでらっしゃる様子が、行間から浮かんでくるんです。「これが生涯学習だ」と思いました。

その中で面白かったのは、「ご意見・ご質問はこのアドレスに」とan弾手さんのアドレスが書いてあったんです。思わず、鮎川さんのお人柄に触れた気がしました。そしてこれは、私が名著だと思う、「ぎりぎり合格の論文マニュアル」の著者、山内志朗先生(慶応義塾大学教授 哲学者)と同じ!感動しました~~!

昨今において情報は、便利であるゆえに怖い面もあります。「本を出版する」と聞くと、やっかみからの誹謗中傷も多く見かけます。そんな中、堂々とアドレスを掲載していらっしゃることに、なぜか心が温かくなりました。

それで、鮎川さんをネットで検索したら、facebookをされてることを知り、友達申請させて頂いた次第です。それから数ヶ月経ちますが、鮎川さんは写真の腕も一流で、FBの記事も温かく、本当に素敵な方です。

是非、鮎川さんの本をお読みください。沢山出版されていますが、今一番新しいのは、こちらの本「大人のピアノ入門」です☆クリックしてみてね!(^^)!

鮎川さん、これからも仲良くしてくださいね♪


関連記事
師走の「師」は坊主のことです (12月08日)
お別れが続いています (11月19日)
文化の日:父の命日に想うこと (11月03日)
第2期 ちょっと変わったピアノ指導法講座第1日目終わりました (10月29日)
お誕生日おめでとう、ワタシ♪ (10月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):