本日 91 人 - 昨日 410 人 - 累計 565310 人

英国王立音楽検定指導者の会第1回勉強会が終わりました

参加メンバーはたった3名という寂しいものでしたが、今後の方針や英国王立音楽検定(ABRSM)の感想や改善点など、トート楽器の担当者を交えて密度の濃い話し合いをすることができました。

10314719_736992523010259_4404296416598542089_n.jpg

トート楽器側からは、「ABRSMの普及には楽器店できるだけのことをするが、人数が集まらないと講師を誘致しての講座は難しい」という意見が出ました。そこで私は、「ずっと個人で活動してきて限界を感じたからここ(トート楽器にお願いした。楽器店側も積極的に広報活動して欲しい」とお願いしました。

トート音楽院は、「うちが主になってイベントを立ち上げるのではなく、あくまであくまで自主運営組織のバックアップという形で応援します。イギリス当局との連絡もうちが行います」とのことでした。名古屋から参加されていた先生に対しては、「うちが名古屋での受験会場を誘致することも可能です」と言っていました。

ABRSMを積極的に行っていた国立楽器が倒産したことで、関東のABRSM指導者の方は自主活動を行っていると聞きました。いずれは渋谷のトート音楽院がそこも総括されるんじゃないかと思っています。

ご縁があってトート音楽院ととってもいい形で繋がることができました。これでもっと広くABRSMを普及することができます。よかった~✩ほんと、ここまで長かった!・・って言うか、これからですけど。

『ここを見てくださったピアノの先生方へ』
8月末にABRSMの第一人者、赤石先生(相愛大教授)のABRSM指導者養成セミナーを予定しています。興味のある方は是非一緒に受講しませんか?指導者の会はまだはじまったばかりなので、皆さんの詳細が決まり次第UPしますヽ(・∀・)ノ


コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):