1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 教室の運営について >
  4. こんな大人の楽譜はいやだ

ブログ

こんな大人の楽譜はいやだ

GWですが、ぼちぼちレッスンさせてもらっています。みかんぴあのは年中無休です✩・・・という訳で今日は、楽譜について書きます。

onpu430

1.まえがきに、楽譜の趣旨が書いてない
メソッドの場合、「何のためにするのか」「どのようにすればいいのか」という情報は最低限必要。買って練習しないと、楽譜の中身がわからんなんて不親切すぎる。また時々「大人も頑張ってください」的なエールだけが書いてることがあります。ありがたいけど、こんなこと言われなくてもわかってるって~の。

2.意味のないイラストがやたらある
楽曲に関係ないイラスト(あひる・くま・うさぎなど)がやたらあったり、譜面よりイラストの方がでかかったりする。ページ数を稼いでるんじゃないかと邪推するよ。基本的にイラストは表紙だけでよろしい。

3.頼みもしないCDがついてる
このおかげで、楽譜の値段が1000円は高くなる。独学ならまだしも、ピアノを習いに行ってたらほとんどCDは聞かない。CDは希望者でええんじゃないか?

4.アレンジに音楽性がない
簡単アレンジ楽譜で、時々音楽性のカケラもないアレンジがしてあることがある。サビを抜き出してCdurに移調する・メロディーラインの音とリズムを簡単にする・伴奏を全音符で単音にする・・この状態でショパンのop.9-2とか、悲愴二楽章とか、ありえんし。

5.こっそりアレンジしてる楽譜
これはマジで頭に来る!某大手出版社の楽譜です!ユニゾンを単音にしたり、乖離伴奏を8va鍵内にして簡単アレンジしてるクセに、アレンジ譜であるという表記がない。生徒さんは原曲で弾いてるつもりで練習してくださってるから、ほんとに申し訳なく思う。論文だとこれは剽窃。犯罪っすよ!!ヽ(`Д´*)ノが~~

というわけでごちゃごちゃ書きましたが、まぁ大阪のおばちゃんのど~でもいい話ということでお納めください。べんべん~~✩


関連記事
「この曲が弾けるでしょうか」と質問されたとき (09月28日)
生徒さんの年代と人数を集計してわかったこと (05月19日)
ピアノ教室のブログについて (05月12日)
これからのおとなのピアノ (12月11日)
いっぱい練習してきたのに弾けないのですが (11月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):