本日 286 人 - 昨日 369 人 - 累計 591236 人
自宅教室の生徒さんから、色んな演奏家の平均律1番だけが入ったCDをもらいました☆今日は、そのなかでチェンバロで演奏されたプレリュードだけを比較してみたいと思います。

IMG_20191019_074459_20191019085853

平均律第1巻について


正式名称は、Das Wohltemperierte Klavier1という名前らしいですが、読めないよ(笑)。日本語では、平均律第1巻と言われています。

作曲者はおなじみのバッハですが、この曲は宗教曲ではなくて、わが子や弟子のために作った練習曲です。

ハ長調→ハ短調→嬰ハ短調→嬰ハ短調・・というように、24の調が順番に出てきます。(この順番は、ショパンの前奏曲と違います)1曲につき「プレリュード」と「フーガ」の2曲があり、この2つは抱き合わせです。

第1巻第1番プレリュードについて


今日ご紹介するのはプレリュードです。ちょこっと編曲されていますが、グノーのアベマリアの伴奏にもなってる曲なので、知ってる人も多いと思います。ソナチネの最後の方にも載っています。

バッハ自身はテンポもディナーミクも指定していないので、ある意味自由な演奏ができます。って言うか、バロック音楽はそこが面白いのですけど。

結果表


下の表が、もらったCDの結果表です。cemb.での演奏者は8名で平均演奏時間は2分17秒でした。なお、33小節以降のtempo rubatoや強弱は、「抑揚」には入れませんでした。そもそも選択項目に「強弱」を入れなかった理由は、cenm.が強弱をつけるために作成された楽器ではないからです。

演奏者時間録音タッチ抑揚テンポ
ヴァルヒャ2’26”1961しっかりなし遅い
ピシュナー2’10”1965軽いありやや遅い
レオンハルト1’44”1972軽いなし速い
スコット・ロス2’00”1980軽いあり中ぐらい
コープマン2’12”1982軽いありやや遅い
アスペレン2’49”1987しっかりあり遅い
鈴木雅明2’17”1996しっかりありやや速い
レヴィン1’46”2000軽いあり速い

好みは人それぞれなので、ここでは省きます。ただ、どれもみなカラーがあります。さすが著名な演奏家!「音楽を自分のものにする」ということは、こういう事だと思いました。

その他


平均律第1巻第1番プレリュードは、比較的演奏しやすい曲です。理由は、左右別にはじまることと、1小節に同じ和音が2回ずつ使われていることです。

では、何が難しいかというと、プレリュードではなくフーガの方です。フーガはバッハがライフワークとして作曲してた様式なので、たぶんこっちがメインでしょう。

まぁ、気持ちはわかるのですが、何も第1曲めでそんな難しいフーガをもってこなくても・・と思います。子どもたちや弟子も、たまったもんじゃない。師匠が作った教本だから文句も言えず。。

半音ずつ調を並べていくという手順は、理論的なので私は好きです。でも中身をもう少し考えてあげないと、子弟が困ります。「バッハの平均律は嫌い」という音大生が多いのは、そういう意味もあるかもね(あくまで私見です)

こちらもみてね!⇒猫太郎音楽教室

blogger_oldman
山田正行先生(大阪教育大学名誉教授)が書かれたブログ記事について、考えたことを色々書きます。まずは、山田先生のブログをお読みください。下のリンクをクリックしてね♪

山田先生のブログ「甦る地の塩」より「コンクール」は「根・狂う」!? ひたむきな小娘を想い出しつつ

山田先生について


まず、ブログに書かれている「友人のピアノ教師」とは、私のことです。でも、友人なんてとんでもない!山田先生は東大出身の教育社会学者でポーランドの勲章受章者です。(詳しくは「山田正行」で検索してみてください)私の修論の副査で、尊敬する恩師です。

根・狂うについて


これは私が言ったことばではありません。以前、著名なピアノの先生が集まってコンクールについて話された時の記事のタイトルです。自宅にコピーがあったはずなのですが、探せませんでした。でも、うまいこと言うなぁと思ったのを覚えています。

コンクールについては、阪大の伊東信弘教授も同じ意見をお持ちです。その内容は、放送大学の印刷教材にもなっていました。確か、「コンクールの弊害」というタイトルだったと思います。

音楽専攻以外で音楽をする学生


山田先生の学生さんが吹奏楽をしていたこと、コンクール曲がマイスタージンガーであることから、たぶん吹奏楽団のコンクールだと思います。

音楽専攻以外の学生が、コンクール出場メンバーに選ばれるのは大変なことです。また、無事メンバーになれたとしても、まわりが音楽専攻の学生ばかりだと空気が違う。

音楽専攻以外で音楽をする学生は、いつも孤独です。山田先生の無口でハスキーボイスの学生さんも、ひょっとしたら私のようにコンプレックスを抱えながら大好きな音楽を捨てきれずにいたのかもしれない・・何だかそんな気がしました。

本の表紙おとなを教えたいピアノの先生に伝えたいこと
―教室の中身を大公開!絶対身につけて欲しいおとなのピアノ術―
2019年6月発売 
【価格】
手渡し:1000円(税込)
送付:1200円(税・送料込)
メルカリ:1300円(税・送料・手数料込み)

◆目次と試し読み
◆本の感想
これまでいただいた本の感想をまとめました

書籍の購入はこちらから

お酒が好きなので、日本酒ナビゲーターの資格を取りました(笑)


IMG_20191013_124218 IMG_20191013_162728

4時間半の座学ですが、途中でテイスティングが入ったので
終わりごろはべろべろに(笑)

日本酒は種類が多く、私もよくわかっていなかったのですが
これで少しはわかりました。

これから寒くなるので、美味しいお酒を飲みたいと思います(=^・^=)

日本酒ナビ

ブログの「自己紹介」の一番下に追加しました☆
自己紹介

本の表紙おとなを教えたいピアノの先生に伝えたいこと
―教室の中身を大公開!絶対身につけて欲しいおとなのピアノ術―
2019年6月発売 
【価格】
手渡し:1000円(税込)
送付:1200円(税・送料込)
メルカリ:1300円(税・送料・手数料込み)

◆目次と試し読み
◆本の感想
これまでいただいた本の感想をまとめました

書籍の購入はこちらから

私にはいま2つ、やってみたいことがあります。ひとつめは新しいピアノ講座、ふたつめは、新しいピアノ指導の場です。

猫ごはん

1.新しいピアノ講座について


新しいピアノ講座では、あるグッズを使います。そのグッズは、東京の音楽制作会社が作成した商品で、すでにイベントで発表され、学会でテスト販売もされました。

私は、某財団のスタッフを通じてこの会社の商品を知り、社長さんと直接メールで話しました。その結果、グッズを使ったピアノ指導を行うことと、指導法伝達講座をすることの全般的な許可をいただきました。

新しいピアノ講座は、いま準備中です。決まったら報告させていただきます(=^・^=)

2.新しい活躍の場について


これは、ある方から依頼を戴きました。ただ、正直にいうと、最初はあまり気が進みませんでした。でも、知人に相談したところ、「やってみれば?」とアドバイスをもらったので、お受けすることにしました。

まとめ


なんだか、内緒の話ばかりですみません(汗)でも、ちゃんと決まったら、必ず報告させていただきます。応援よろしくお願いします(=^・^=)

本の表紙おとなを教えたいピアノの先生に伝えたいこと
―教室の中身を大公開!絶対身につけて欲しいおとなのピアノ術―
2019年6月発売 
【価格】
手渡し:1000円(税込)
送付:1200円(税・送料込)
メルカリ:1300円(税・送料・手数料込み)

◆目次と試し読み
◆本の感想
これまでいただいた本の感想をまとめました

書籍の購入はこちらから

時々「受験音楽を教えてください」とお問い合わせをいただきます。

しかし、私は、進学塾で受験音楽の講師をしていますが、
個別には指導をしておりません。

個別指導は、タイアップ教室に掲載してある教室の講師に、ご連絡ください。

よろしくお願いします☆

次のページ