1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

ことなりままっち先生から、掲示板にコメントを戴きました。感謝いたします。

該当ページ

先に断っておきますが、私は現在、子どもを指導しておりませんので、子どもを指導するピアノ教室の現状についてまったく知りません。ですから、「ピアノの先生は、リコーダーや鍵盤ハモニカの指導をすることはあたりまえではない」というコメントを戴いて、大変驚きました。

それで、自身の過去の経験を返信させていただいた次第ですが、もし私が現在、子どもを指導していたとしても、この考えは変わりません。
そこで今日は、私がピアノ以外の指導していたときのことを書いてみたいと思います。


教科音楽(座学)


これについては、コメレスに書いてあるように、私は、自分の生徒さんが音楽の成績が学年TOPでないと気が済まなかったので、徹底的にやりました。生徒さんが持ってる音楽の教科書はもちろん全部揃えて内容を把握していましたし、鑑賞教材のCDもそろえていました。

小学校の音楽の先生に逢いに行って、指導法についてお話を伺ったこともあります。中学生においては、中間考査や期末考査の過去問を用意して、試験前に中学生をあつめて特別授業をしました。満点で当たり前という前提で。

今から思うと、自己満足だったと思います。でも、後悔はしていません。日頃の単純なピアノレッスンに変化をつけることができましたし、ピアノ以外の話もいっぱいできました。

教科音楽(器楽)


リコーダーと鍵ハモについては、生徒さんを集めてグループ学習をしました。先生は、中学生や6年生です。私も生徒になって習う側になりました。

実践的な科目は、教えられるより教える方が身につくものです。先生になった6年生は、一生懸命3年生にリコーダーを教えてくれました。私は中学生から、アルトリコーダーをまなびました。子ども先生の感想は、「みかん先生はリコーダーの才能なし」でした(爆)

イベントの指導


合唱の伴奏では、私は自分の生徒さんが選ばれるように、しっかり指導しました。合唱大会で、自分の生徒さんが伴奏を弾いてる姿を見ると、ドキドキしましたが、同時に誇らしい気分にもなりました。素敵な経験をもらいました。ピアノ教室の宣伝にもなりました。

過去には、あまりピアノが得意じゃない生徒さんが、「先生、合唱の伴奏に立候補したよ!」と言って飛び込んできてくれた時もあります。(ピアノが嫌いじゃなかったんだ)と思うと、とっても嬉しかった。「ようし!やるぞ!」と思った。

でも、その生徒さんは、最終選考まで残ったけどダメでした。選ばれなかったんです。それで私は、発表会の時に、その生徒さんの伴奏で、みんなで歌を歌うコーナーを作りました。せめてものお礼です。

まとめ:ピアノの先生がピアノ以外の指導を行うこと


そもそもピアノの先生が、ピアノ以外の指導をされないのは、したくないのか、できないからしないのか、そのあたりはよくわかりません。で、大人のピアノ教室の私には関係ない話なので、どっちでもいい(笑)

でも、やってみると超楽しいですよ。生徒さんの知らなかった一面がいっぱい見えるし、先生にとってもいい経験になります。お金をもらって貴重な経験ができるって最高じゃね?私は今でも、「やってよかったな~」と思っています。

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

さっき、某音楽団体に論文を投稿しました。この論文は、去年の学会誌で、不採用になった論文です。その時の査読コメントをひとつずつ見直して、すべて書き直しました。自分で言うのも何ですが、よく頑張った☆

それで、本当は、その学会に再度投稿して審査を仰げばいいのですが、英文抄録(論文の要旨を英語で書いて、それを和文の後ろに挿入すること)が間に合わない。英語が苦手なので、こればっかりはしようがない。

ただ、某音楽団体にも査読があり、不採用になる確率はもちろんあります。でも、女は読経・・じゃなかった、「度胸」です☆やるっきゃない時は、やるっきゃない!

実は、不採用論文のことは、今年初めからずっと気になっていました。私は研究者じゃないので、業績や肩書なんかはいらねえ。
でも、このまま研究結果を封印しちゃったら、調査に協力してくれたピアノの先生に申し訳ない。私は、調査の結果をきちんと世の中に公開する義務がある。主婦が嘘をついちゃ、世の中は終りですよ。

そういうわけで、昨日は徹夜しました。論文の合間に、明日の塾の授業教材と、明後日の大学院の授業で発表するレジュメも作成しました。今から11月の塾の模擬試験の問題を作成します。それが終わったら、猫太郎で店番です。歌って踊るぜ~☆けど、帰ったら今日は早めに寝ます。肌荒れが気になるので☆

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

今日は、猫太郎でギターコンサートをしました。演奏者は、ウッディさんとナカノさんです、ナカノさんの時は、1曲だけピアノ伴奏をさせてもらいました。

画像

ナカノさんとは、SAYAKAホールのレストランで一緒にコンサートをしようと約束しました。何弾こうっかな~~超楽しみです☆

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

猫太郎の歌声サークルが、10月からリニューアルしました。昨日は、4名の方が参加してくれました。

画像

主催は、豊中や住之江を中心に活動する「上を向いて歌おう会」(講師:西原忍さん、ピアノ西口昌子さん)です。

内容は、主に季節の歌を5曲と歌謡曲5曲です。
西原先生が、それぞれの曲の背景を楽しくわかりやすく話してくださいます。トリビアもあって、勉強になります☆

毎月第2金曜日 10時半~12時
費用 500円
(ドリンクは300円で、保護猫の募金になります)


次回は、11月10日(金)です。お近くの方はぜひ、足をお運びください。
(11月は西口さんがお休みのため、ピアノ伴奏は私がさせて頂きます)

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

「ピアノを辞めたい」・・子どもの生徒には、そういう時期は誰でもあります。そんなときに、学校で習ってる音楽をちょこっとレッスンにもって来させる手があります。

でも、リコーダーや鍵ハモの指導はありきたり。そんなのどこでもやってます。もっとコアに、学校教育添った指導をしませんか?即興でできますよ☆

音友が出してる雑誌で「教育音楽」という本があります。2000円を超えるので結構高い。でも、これがかなりレッスンに使えます。

ピアノの先生は、色々ピアノ系の雑誌は読まれますが、「教育音楽を読んでます」という声はあまり聞かない。これ、超もったいないです。だって、文科省が決めた学習指導要領そのものに添ってできてるから。

こういうことを書くと、「みかんさんは塾講師だからそんなことを言う」と、また叱られそうですが、塾では、教科書はシカトできません。教科書によって授業の内容を変える。学校の学習内容を重視しているのです。

でも、ピアノ教室は違います。学校教育にまったく関係ないところで指導をやってる。オノマトペを使ったリズム打ちとか絶対しない。ふしづくりもしない。そういうのをやっとくと、学校の音楽が、もっともっと楽しくなる。

まぁ、ピアノを習ってる子は、学校の音楽の成績はいいし、もともとピアノの先生は、ピアノを教えるのが仕事だから、音楽教育はど~でもいいかも知れないな。

でも、ピアノって時々辞めたくなるじゃないですか。そういう時にちょっと、学校で今習ってる音楽について触れたら、レッスンが楽しくなるんじゃないかなぁ・・・って、うちは大人のピアノ教室だから、全然関係ないや(笑)

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

次の5件 >>