1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

下の表は、うちの生徒さんの年代と人数です。
こう見ると結構な数のように見えますが、グループレッスンの人数も含まれていますし、個人レッスンで年に数回の生徒さんも含まれているので、全然儲かっていません。ゆとりっす(笑)

( )内は男性
30代40代50代60代70代80代90代
9(1)9(1)19(1)14

なお、この表からは、2つの問題点がわかります。ひとつめは男性が3名しかいないこと。国会の女性議員の比率レベルです。寂しいですねぇ。ピアノが弾ける男性は、超カッコいい!もっと男性を指導させて欲しいな。

ふたつめは、30代以下の生徒さんがいないこと。過去にはいてくださったのですが、みんな辞めていかれました。たぶん私には、若い人を指導する能力が無いんでしょうね。ただ、得意としている保育者養成校の学生もいないのは、問題ですよ。

こんな風に、生徒さんの年代と人数を改めて表にすると、教室の特徴や改善点が見えてきます。私の場合は、性別と年代に問題があることがわかりました。

子どもを指導している先生でしたら、地域で分けてみるのもいいかもしれません。例えば、Aマンションから生徒はは10人来ているけど、Bマンションは2人しかいないという感じで。そしたらBマンションを中心に生徒募集をしてみるとかですね~。

話は代わりますが、今日は大学院(生涯教育学・図書館情報学研究コース)の新入院生歓迎会です。いってきま~す☆

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 020

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


大阪教育大学で論文は、つぎのように大きく次の3つに分類されるようです

1.学会論文・・・学会誌に掲載された論文(公開)
2.紀要論文・・・大学レベルで発行される論文(公開)
3.学内刊行物…研究室レベルで発行される論文(非公開)

今日は、私が書いた大教大の学内刊行物、「ベートーヴェンとカントの美学」を紹介させていただきます。と言っても、非公開文章でした(笑)

そこで、研究室の教授に「公開してもいいですか」とメールで尋ねたところ、「全くかまいません!むしろうれしいです!!」と意外な返信をもらいました☆これで堂々と公開できます(=^・^=)

なお、これは授業中に片手間に作成した文章です。ぜんぜんちゃんと書けてません(泣)でも私は、いまでも、ベートーベンは音楽(第九)を使って、カントがなしえなかった美学哲学を構築したと考えています。思い込みかも知れんけど。ベトはやっぱ、すげ~わ☆

べートーヴェンとカントの美学.pdf(社会教育学研究室、2016年)

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 020

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


昨日、第3回60歳からの音楽祭のために補助金のプレゼンをしてきました。

SAYAKA_Hall_01
以前も書きましたが、申請のための書類をそろえるのは結構手間がかかります。税金を納める時は簡単なのに、もらうのは大変ですね・・でも、しようがない。何度も書類を書き直しました。とほほ・・。

プレゼンは、外部(大学の先生や作曲家など)とホール関係者の5名で行われます。私は、これまでの60歳からの音楽祭の反省から今回の音楽祭の改善点を説明しました。

審査員のひとりが突然、「ゲストの中野陽子さんを知っていますよ」とおっしゃいました。それで私は、「彼女は60歳から大学院にいって学ばれました。そういう意味からも、この音楽祭にはふさわしいゲストだと思います」と言いました。するとすべての審査員が「なるほど」とうなづかれました。

審査の結果は来週でます。補助金が認められると嬉しいです!

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 020

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


ピアノ教室のブログについてご質問を受けましたので、記事にさせて頂きます☆
現在ブログは、インスタやtwitterやFBに押され、以前のような勢いはありません。しかし、教室の内容や先生の人柄を知ってもらうためには、長文が書けるブログはやはり最適なツールです。

実はブログが最盛期だった頃、私はブログ鑑定士のようなことをしていました。あれからずいぶん経ちますが、あの頃に得たブログ構築の知識は、今も間違っていないと思います(笑)
blogger_woman

子ども用とおとな用ブログ


「子どもとおとなの募集のために、ブログを2つ作ったほうがいいでしょうか」という質問をよくうけますが、答えは「NO」です。

理由は、複数のブログを管理することが面倒になり、そのうちどちらかを更新しなくなるからです。個人ブログなら放置しても構いませんが、商用の場合の放置ブログは、教室のイメージを悪くします。ブログは1つで充分です。

「子どもからおとなまで」の表記


ピアノ教室ブログによく書かれているのが、「子どもからおとなまで」という表現です。残念ながらこの表現は、おとなの方からは、あまり好まれません。なぜなら、子どものなかで遠慮しながらピアノを習う自分の姿が浮かぶからです。

では、どうすればいいか・・実は簡単なことです。「おとなから子どもまで」と、逆にするだけです。こうすれば、おとなもしっかりと教えてもらえる教室のイメージができます。

プロフィールの書き方


子どもを習わせる場合は、先生のステイタスはある程度必要です。ただ、おとなの場合は、立派な経歴の先生は、逆に敬遠される傾向があります。

でも、学歴は積めても消せない。そこでどうすればいいかと言うと、本当のことを書きながら、少しユーモアを入れます。

私は音大を出ていないので立派な経歴ではありませんが、教育大卒なのでやや堅いイメージがあります。そこで、プロフィールには好きな言葉のところに「現品限り」「半額」など、主婦らしい言葉を入れています。これは本当に好きです☆

記事の内容


「ランチのこと」「ペットのこと」「TV番組のこと」など盛りだくさんで、いったい何のブログだろう・・と思うサイトに出会うことがあります。ピアノ教室のブログだったら、特化すべきです。時々書くのは構わないけれど、あくまで商用ブログは仕事中心で(笑)

実はもっともだいじなこと


これはあまり気にされていない方が多いのですが、「コメントに人柄が出ます」どれだけ立派な内容を書いていても、コメントに返信がなかったりすると、「この先生は、自分の言いたい事だけを言う自己顕示欲の強い先生だ」というイメージをもたれます。ほんとうはそんなことなくてもそうです。それがブログの怖いところ。

ある意味、ブログのコメントレスは、記事より気を使って丁寧に返信しなければなりません。コメント放置なんてとんでもない。

ブログランキングについて


ブログランキングは、同業者しかきません。SEO対策と自分のモチベのためにランキングに参加していても構いませんが、生徒募集に直接関係あるかどうかは難しいところです。

以上、思いつくままを書きました。参考にして頂ければ幸甚です☆

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 020

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


ちょっと変わったピアノ指導法講座(全3回)の2日目についてお問い合わせを戴いたので、書きます。
この講座は、あべの近鉄文化サロンでピアノの先生を対象にした指導法講座です。

4月22日(日)こんなに違うの?こどものピアノとおとなのピアノ終了
5月27日(日)書く、弾く、歌う、脳トレピアノ指導法募集中
6月24日(日)保育士ピアノはこれで決まり!募集中

参加費:1回 3,564円

第2回めは、下記の内容でお話させて頂きます。
【内容】
言葉の概念と前回のおさらい

第1部 『滝本式ピアノ教本』について
・滝本裕造の『ピアノの基礎』の概要と特徴
・『滝本式ピアノ教本』ができるまで
・『滝本式ピアノ教本』の特徴
・『併用曲集』について
・指導マニュアルの公開(開始の挨拶から終了まで)

第2部 実際に指導してみよう(体験レッスン)

この講座には、
1.滝本式ピアノ教本の『併用曲集』(1000円相当)をプレゼント
2.実近鉄サロンで実施しているピアノで脳トレクラスを見学(指導体験あり)
という特典があります。
※2回以上受講された方のみです

興味がある方は、(06)6625-1771(近鉄文化サロン)までご連絡ください。お待ちしています☆

【追記】
講座の当日、『滝本式ピアノ教本』と『併用曲集』は販売しますが、むりに買わなくても大丈夫です!本がなくてもわかるように、説明させて頂きます。本を売りつけたり絶対しません。安心してください☆


この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 020

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


次の5件 >>