1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

私の大好きな武久源造さんのスクエアピアノの演奏がUPされたので、紹介します。これは、阪大市民ワンコインコンサート9月公演の様子です。

阪大市民ワンコインコンサートとは


荻原哲先生(阪大名誉教授)を事務局長として、月1回、阪大でで行われるコンサート。著名な演奏家を、たった500円で聴けるということで、毎回満員になる。先着順。

阪大市民ワンコインコンサート

また、公演の様子をYou TubeにUPしてくれるので、行った人も行けなかった人も楽しめるという素晴らしい企画☆

スクエアピアノとは


もとは、クリストフォリから現代のピアノまでの総称で、弦をハンマーで叩いて音を出す鍵盤楽器を指していました。いまは、そのなかでも長方形のピアノを「スクエアピアノ」と呼びます。

なお、クリストフォリ以前の鍵盤楽器は、チェンバロのように弦をはじいて音を出す鍵盤楽器だったので、ピアノではありません。ピアノとは、あくまでもクリストフォリ以降のものをいいます。

バッハ平均律5番(聴き比べ)


平均律5番を、楽器の歴史順に並べてみました。なお、現代のピアノはもちろん、スクエアピアノができた時代には、バッハは生きていません。だから、バッハがスクエアピアノを演奏した事実はないでしょう。

また、クリストフォリも触っていないんじゃないかと思います。ただ、研究者の間では、クリストフォリをもとにして作ったジルバーマンは弾いたのではないかと言われています。

チェンバロ:ヴァルヒャ



とってもゆっくりですが、澄んだ音色と粒の揃った演奏は、落ち着いて聞けます。

スクエアピアノ:武久源造



録音のせいだと思いますが、現地で聴いたときは、こんなにサスティンがかかっていなかったように思います。それでも、派手な抑揚をつけずに淡々と実直に弾かれたBWV850は、見事としか言いようがありません。

モダンピアノ(現代のピアノ):シフ



「またシフかいな?」と言われそうですが、私はシフの教科書のようなバッハが好きなのです。ほんと、余計なことをしない。これでこそ平均律!とか思います☆

まとめ


バッハの曲を、バッハが生きている時に出会わなかった楽器で弾くというのは、とっても面白いです!もちろん、単に「面白い」だけじゃないけど。
ということで、私も平均律を弾きたくなってきました。今からちょっとピアノで遊んできます!(^^)!

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


昨日は、ピアノで脳トレグループレッスン(JEUGIAカルチャー堺タカシマヤ)の体験レッスンの日でした。はじめて入る教室に、ドキドキ。勝手がわからずウロウロ(笑)

IMG_20180920_100341
実は、会場にキーボードがなかったので、ミニキーボード・電池・譜面立ては、私が用意しました。予定外の出費です。アイタタタ・・。

でも、交渉の結果受講生から、毎月、機材使用料を戴けることになりました。少しずつですが、これでキーボード代金を回収できます。ありがたいことです!(^^)!

「楽器がないからグループレッスンができない」とおっしゃってる先生方、ミニキーボードを使えば、グループレッスンは可能です☆

8名での体験レッスンは、時間通り始まって予定通り終了しました。その後、その場で入会されたのは1名だけでした。でも、開講までにまだ数週間あります。あと何名の方が入会してくださるか、楽しみです!(1名でも開講が決定しています)

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


ビーズカウンターとは、練習回数をビーズで数える道具です。作り方を教えてもらったので、昨日のお昼にカラオケ喫茶のママをしながら、ちょいちょいと作りました(笑)

材料は、seria(百均一)で揃えました。「コルク瓶・針金・ビーズ・(瓶の中に入れる)石・かざりの青い鳥」で合計540円(税込)。用意するものは、ボンドと針金を曲げるペンチ。

IMG_20180919_155841

さっそく、ショパン前奏曲の練習に使ってみました。まぁ、10回弾いたところでピアノは間違いだらけなのですが、何だか楽しくてめっちゃやる気になります!回数を忘れずに済むことも、重要なポイント☆

ひょっとしたら、このビーズカウンターって、子どもよりシニアによくね?
そんな気がした。

調子こいて、平均律19番プレリュードも10回ビーズ、やってみました。ちょっとうまくなった感じ?(妄想じゃ~)

どっちにしても、「楽しく反復練習ができる」「回数を忘れない」という点で、ビーズカウンターは、シニアに必要グッズだと思ったぜ☆

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


脳トレピアノ
明日(20日)に実施される、JEUGIA堺タカシマヤの『ピアノで脳トレグループレッスン』の体験ですが、定員8名に達しましたので、募集を締め切らせて頂きます。ありがとうございました。

そのうち何名の方が、10月から開講されるグループレッスンに来てくださるかどうかはわかりませんが、すべて明日の体験にかかっています。頑張るぞ~~!

受講者募集


何度も同じことを書いて申し訳ありませんが、おとなのピアノは大人気です。でも、おとなの方がピアノを習う場所がない。習いたくても習えないのです。子どもを教えてる先生のなかで、おとなのピアノ指導に興味がある方はいらっしゃいませんか?

宣伝になりますが、10月~12月の第4日曜日、10時~11時半の全3回。
阿倍野近鉄文化サロンで、「ちょっと変わったピアノ指導法講座」を開講します。
そこで、おとなのグループレッスン指導法もお教えします。

dai2ki

講座受講者の特典として
1.実際のグループレッスンを見学できる
2.みかんぴあのHPで、「タイアップ教室」として紹介させてもらう
があります。

受講をお考えの方は、メッセージをください。講師の紹介だと、入会金5,400円が無料になります。よろしくお願いします。

みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。詳しくは、こちらををご覧ください。
※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画
※滝本式ピアノ教本のご購入はピアノの先生のみです。ご了承ください

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


大阪教育大学社会教育学研究の論叢(学内刊行物)に、論文が掲載されました・・と言っても、実は論文というには程遠いレベルです。そこで、「研究ノート」というタイトルにしました。

内容は、おとなのグループレッスンについてです。

グループレッスンで一番問題になるのは、生徒間の能力格差です。そこで多くのピアノ指導者は、その解決方法を教材に求めていました。でも、教材の選択だけではうまくいかないのです。

そこで私は、アメリカの成人教育学者マルカム・ノールズがいう「契約学習」に目をつけました。ノールズは契約学習を、「グループレッスンの格差を解消する魔法の指導法だ」と言っています。

その「契約学習」を3ヵ月間行った結果をまとめました。
下のリンクは、掲載された研究ノートです

社会教育学研究 第42号三上論文.docx
お時間がおありの方は、ぜひ読んでみてください♪

実は、契約学習はここに書いた3カ月ではなく、1年半にも及びました。で、その時の調査結果をもとに、私は『滝本式ピアノ教本』を使ったグループレッスン指導を行っています。ほんとうに面白いぐらい、生徒間の能力格差がまったく気になりません☆へへへへ☆

次の5件 >>