1. HOME >
  2. ブログ

ブログ

進学塾では、12月10日に月1回の日曜特訓が終わったばかりなのに、もう今日から冬期講習がはじまりました。

画像
そんななか、「今もピアノを習ってるよ」という男の子がいました。国立中学受験コースで、ピアノを習っていた経験をもつ子はとても多い。でも、今も習い続けている子はあまりいません。

その子は、こんなことを言いました。
ピアノの先生が、めっちゃムカつく。「弾けません」って言ったら、本をバシッと投げてきた。それで、「じゃあ、別の曲にする!?」とかキレてくる。マジ、うざい!めっちゃ、ムカつく!

じゃあ、辞めれば?というと、「お母さんが辞めさせてくれない」という。

でも、休憩時間に一番に私のところに飛んできて、「キーボードを弾いていい?」というのは、この子です。「発表会で弾いた曲だ」とか言いながら、楽しそうに弾いています。他の塾生が「すごい!」というと、得意そうに笑っています。

口では憎たらしいことを言っていますが、ピアノが、今の彼の癒しになっているのがよくわかります。大教大附天中受験日まで、あと1ヶ月。ラストスパート!私も本気で頑張ります(=^・^=)

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

私は、大阪教育大学附属中学・難関私立受験塾の講師をしています。担当は、附属天王寺中学の実技(音楽)です。以前は、個別で算・国も見させてもらっていましたが、多忙なため、今は音楽だけを指導させて頂いています。

画像

附天受験では、時々「一次試験の算国が高得点だと、二次試験の実技科目(図工・音楽・体育)は、零点でも合格する」という情報が流れることがありますが、これは大間違いです。

理由は簡単。附天の一次合格者は、とにかく頭がいい。そういうお子さんだけが一次を通過するのです。ということは、当然二次の社会・理科・家庭科も高得点です。要するに、かれらは、答えがひとつしかない科目は得意なのです。

では、どこで差を着ければよいかというと、「図工・音楽・体育」です。なかでも、図工・音楽は、結果(評価)を数字で表すことが難しい。

また、近年、大教大そのものが、アクティブ・ラーニングを推奨しています。「自分で考えて答えを出す科目」が重要だということです。そういう意味で、図工・音楽が勝敗を決めると言っても過言じゃない。

とにかく8月26日まで夏期講習を頑張ります☆(ピアノも頑張ります)

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング

あ、受験コースの開講は、私じゃないですよ。奈良県桜井市の花ピアノ教室さんです。

花ピアノ教室のブログ記事
バナーをクリックしてね☆

数ヶ月前、花先生から、「大阪教育大学附属天王寺中学受験の実技(音楽)」の指導法を教えてください」と、メッセージを戴きました。こういっちゃエラそうになりますが、やっぱり大教大附仲専門の受験塾の現役講師をやってる私の情報は、役に立つと思う。

附天仲の過去問をみれば、音楽は誰でも指導できます。でも、受験にはコツがある。花先生は、「どうせやるんだったらいい加減ではなく専門的に」そういうお考えをおもちの先生でした。素晴らしい☆

花先生には、うちに来てもらって、学習指導要領(音楽)で実際に使われている曲や、試験に出る調性、でない調性、指導のポイントなどをお話しました。実際に問題もやって頂きました。

花先生は、元ヤマハのシステム講師なので、作曲はお得意です。でも、私の話をきいて驚いていらっしゃいました。受験音楽と音楽教室の音楽の違いを感じて戴いたと思います。

花先生、頑張ってくださいね。またわからないことがあったら、いつでもご連絡ください☆

【余談1】
来週から塾の夏期講習が始まります。塾生も頑張ってるんだから、私も頑張らなくちゃ!・・でも、実際はかなりしんどいです・・涙

【余談2】
近鉄文化サロンの脳トレピアノグループレッスンですが、7月は6名の入会がありました。こっちも頑張ります☆

この記事に関するコメントはこちらへ⇒⇒掲示板 画像


みかんぴあのでは、楽譜や書籍を販売しています。商品の詳細は下記をご覧ください。
銀行振込でのご注文
クレジットのご注文


※滝本式ピアノ教本マニュアルはこちら⇒⇒動画

 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ 趣味ぶろ ピアノ教室ブログランキング