本日 175 人 - 昨日 478 人 - 累計 641852 人
今日のピアニストは、現役保育士の生徒さんでした。
ピアノ伴奏で童謡・唱歌を歌ったあと、
「ホールニューワールド」
「戦場のメリークリスマス」
「もしもピアノが弾けたなら」(連弾)
を弾いてくれました。

童謡の時は、「鬼のパンツ」のフリつけを教えてくれました☆

収益の半分は、保護猫団体に寄付させていただきました(=^・^=)

次回は3月6日(金)10時半~12時、参加費1000円です☆

IMG_20200207_114951_20200207215317
最後はカラオケで「早春賦」などを歌いました


☆ピアニスト募集ミュージックハウス猫太郎では、チャリティ歌声サロンでピアノを弾いてくださる方を募集しています。お気に入りの曲を2~3曲程度、演奏してください。謝礼は1000円です。よろしくお願いします


2015年12月に発刊した、音楽力をつけるための『滝本式ピアノ教本』ですが、初版のあと第2版を増刷し、先ほど最後の1冊の販売を終えました。
購入してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました☆

滝本150

出版社にお願いしたら、もっと広範囲の方に購入していただけたかも知れません。でも、
私はあえて、自費出版にして、1冊づつ自分で売りました。

なぜそんなことをしたかと言うと、この教本は、モニター調査、指導調査をしてくださった多くのピアノの先生と、恩師田中紘二先生(大阪教育大学名誉教授)のご指導のもと、出来上がった教本だからです。

申し訳ないけど、他の教本とは違うんですよ。へへへ。

私はずっとこの日を待っていました。
なぜかと言うと、次の目標があるからです。

私はこの4年間、教本を実際に使ってみて、
いくつかの改善点があることに気づきました。

それで、教本が売切れたら、改訂版を出そうと考えていたのです。
中身はすでに完成しているので、年末からデザイナーと相談をしていました。

春には、『滝本式ピアノ教本(改訂版)』(仮称)を自費出版します。
また、報告しますので、みてくださいね。

ほんとうに、ありがとうございました!

メルカリで本を販売しています

セミナーのご依頼を戴いたので、喜んで開催させて頂くことにしました☆おとなのピアノ指導に興味があるピアノの先生は、ぜひご参加ください(=^・^=)

43296

日時:2月13日(木)10時~12時
内容:おとなのピアノ指導法

1.現在のピアノ教育の現状
2.おとなの学習者の目的、理想の指導者とは?
3.以前から叫ばれていたピアノ教室の危機。なぜ浸透しない?
4.子どもとは違うおとなのピアノ
5.具体的なおとなのピアノ指導例

(おまけ)シニアのピアノ指導
・シニアの特徴
・シニアが弾きたい曲(歌謡曲、童謡、クラシックの曲名)
・シニアが苦手な4つのポイント
・シニアが演奏できる小節数の範囲

受講料:3000円(コーヒーつき)
場所:ミュージックハウス猫太郎
https://nekotaro.grupo.jp/

締め切り:2月10日(月)


温かいコーヒーを用意してお待ちしていま~す(=^・^=)

みなさんは、貴志康一という作曲家をご存知でしょうか?交響曲「仏陀」を作曲した、関西の指揮者でバイオリニストです。日本に初めてストラディバリウスを持ってきた人だとか。
残念ながら、1937年に28歳で亡くなられています。


貴志康一について


前置きが長くなりましたが、うちの生徒さんのお孫さんが、最近貴志康一の甥っ子と結婚されたとかで、貴志康一が作曲した歌曲の楽譜をもってこられました。

「これを弾きたい」とおっしゃる楽譜をみてびっくり!♭が6つ☆変ト長調か変ホ短調です。ややこしい・・。

生徒さんも困ってたらしく、「先生、これをハ長調に転調してください」とおっしゃいました。そして、「いま、転調して弾いてもらえますか?」とおっしゃったのです。

どっひゃ~~!知らない曲だし、普通に弾くのも難しいレベルなのに、転調なんて・・

「そんなん、できません」と言うと、「じゃあ、♭を全部なくして弾いてきます。何とか指の練習になるから」とおっしゃいました。
なるほど!その手があったか☆

生徒さんのおかげで、助かりました。レッスンの方法はいくらでもありますね(爆)

メルカリで本を販売しています

また、論文の話でごめんなさい。

先日、「投稿論文の査読結果がきた」という記事を書きましたが、やっと査読者のコメントに沿って修正ができました。

どの学会もそうですが、査読コメントは厳しい。私の場合も「○○については根拠がみあたらず、推測にすぎない」とか、「どの立場からの発言なのか不明瞭だ」とか書いてありました。はっきりいってメゲます・・。

それで、知人の某国立大の名誉教授(音楽学)にメールしたところ、「僕でよかったらみてあげますよ」と返信をくださいました。

それで「お言葉に甘えて・・」と修正した論文を送ったところ、とても褒めてくださって、メールの最後に「いい論文を拝見しました」と書いてありました。
めっちゃ嬉しいです!!ありがたい!

さっそく修正対照表を作成して、学会に再提出します(=^・^=)

追記
明日は、放送大学の単位認定試験です。六法全書の字が小さいので、老眼鏡とハズキルーペを2つかけます(笑)

mono62002623-171031-02

メルカリで本を販売しています

前のページ
次のページ