本日 67 人 - 昨日 396 人 - 累計 540418 人

バッハ・オルガン全曲演奏会(最終回)

ベーメのpog(パイプオルガン)、聴いてきました!7年ぶりです☆チケットは完売で、満員御礼でした。昨日は、芸術監督のヴォルフも来ていました。ホワイエには、日本の著名なオルガニストも来ていました。とても華やかなコンサートでした。

bach全曲最終

でも、たったひとつ・・(故)磯山雅先生の席があけてありました。磯山先生が生きていらっしゃったら、どれだけ喜ばれただろう・・。

磯山先生は、12年前にドイツに行き、芸術監督ヴォルフに「日本でバッハ全曲演奏会をしたい」と申し出た方です。その後5年の歳月を経て、いずみホールで2012年に第1回バッハ・オルガン全曲演奏会が開催されました。

生前の磯山先生は、演奏会のたびに舞台に出て、ドイツ語と日本語を使い、演奏家にユーモラスにインタビューをおこなっていらっしゃいました。今回も、演奏会にはめずらしく、通訳を交えた対談の時間が設けられていたことは、磯山先生が生きていらっしゃった時と同じでした。

コンサートの副題は、「永遠への架け橋」でした。磯山先生は「ルター派プロテスタントのバッハが、最期にミサ曲をロ短調を作ったのは、プロテスタントとカソリックの壁を取り除き、音楽で架橋を作ろうとしたのではないか」とおっしゃっていました。

奇しくも、演奏会がおこなわれた3月21日は、バッハの334回目の誕生日だそうです。そんな色々なことを考えながら、ベーメのオルガンを聴いていました。第1回目の奏者ベーメが、最終回を飾る・・夢のあるコンサートでした。すべてのコラールが、すべて磯山先生に届いている、そんな気がしました。

◆追記
今日発表されると思いますが、追加公演が4つあるそうです。それもいくぜ~☆

■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)
■音楽教室&カラオケ喫茶「ミュージックハウス猫太郎」は、こちらです

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo



コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):