本日 211 人 - 昨日 381 人 - 累計 613021 人

稲本兄弟ライヴにいってきました

昨日は、稲本響(ピアニスト)さんと弟の渡さん(クラリネット)の実家で行われたライヴを聴きに行ってきました。響さんは、CMや映画の作曲も手掛けていらっしゃいます。渡さんは、音大の講師をされています。

inamoto

会場の様子


このコンサートは、堺の町家を紹介する意味もありました。日本家屋の町家は玄関土間があるのが特徴で、稲本家にも土間がありました。

また、土間からすぐの部屋を入り口として、ふすまを外すと大きなひとつの大きな部屋になる特徴もあります。それと、現代家屋に比べて天井が高く、木が古くてよく乾燥しているので、音が響きます。

騒音問題にだけ気をつければ、日本家屋は演奏会にとても適しています。今回のコンサートもそう思いました。

ピアノはニューヨークスタインウエイで、細部に渡ってとてもはっきりした音がしました。細くてキツイ感じです。ハンブルグスタインウエイはもうすこし丸い感じがする音色なので、私はそっちの方が好きかな。

演奏について


7年前に亡くなられたお父さま(稲本耕一:クラリネット奏者)を想う曲は、お客様の涙を誘う素敵な曲でした。ほかは、童謡や唱歌で、クラシックはチャールダーシュのみでした。
クラシックファンの私にとっては、それが残念でした。

おふたりともプロなので、聴かせどころをご存知ですし、曲の構成にもそつがなく、安心して楽しめる演奏会でした。1時間だったので、もうちょっと聴いてみたい。できればクラシックをやってほしいと思いました。

こちらもみてね!⇒猫太郎音楽教室


コメント
name.. :記憶
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):