1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 大学・大学院・研究 >
  4. 共著:社会教育の経営と生涯学習の支援(Ⅱ)ができました

ブログ

共著:社会教育の経営と生涯学習の支援(Ⅱ)ができました

恩師の山田正行先生(大阪教育大学名誉教授・東京大学教育学博士)ウィキペディアと、西尾征樹先生(元岸和田市公民館長・現私立大学講師)と私の共著ができました☆

画像

内容は、西尾先生が実践や趣味の講座を対象にした公民館イベントの重要性について書かれたので、私は公民館イベントに参加したときの体験談を書きました。山田先生は、社会教育の実践と教育について、理論や思想の面からアプローチされています。

私は公民館イベントに1度だけ参加し、「こりゃダメだ」と思ったので、それから参加していません。今回は、その理由を書きました。要するに、イベントに参加した成功例ではなく失敗例です。

実は、山田先生から共著のご依頼を戴いたとき、どうしようかと悩みました。公民館イベントを批判するような内容は、元公民館長の西尾先生が気を悪くされるのではないかと考えたからです。

でも、西尾先生にお会いして、そんな心配は無用だとわかりました。方向は違うけれど、同じ考えだったからです。昨夜は西尾先生とは、公民館のこと、学会のことなどいっぱい話しました。なかでももっとも意気投合したのは、「山田先生の論文は難しいね」でしたが(爆)

私の報告書はここにあります。よろしければ読んでください。

西尾征樹、三上香子・山田正行「社会教育の経営と生涯学習の支援(Ⅱ):生き生きした学び合い・教えあいのために」大阪教育大学社会教育学研究室、2020年。市民協働イベントの体験報告( .docx / 150.9KB )


追記:山田先生から「三上さんの文章はとっても読みやすい」と褒めてもらって、めっちゃ嬉しかったです☆

メルカリで本を販売しています


コメント
name.. :記憶
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):