1. HOME >
  2. ブログ >
  3. お知らせ・日記 >
  4. バッハのアリオーソ

ブログ

バッハのアリオーソ

長く生きてると、時々人生が変わるほど衝撃を受ける音楽に出会うことがありますが、このバッハのアリオーソもそういう曲のひとつです。

アリオーソとはイタリア語で「歌うように」を意味する音楽用語で、バッハのアリオーソはチェンバロ協奏曲第二楽章です。

とても綺麗な旋律なので、色んな楽器で演奏されています。また、装飾音符が多いものから全くないものまで様々です。ダ・カーポも省略されることもあります。

下の動画は、トレヴァー・ピノックの演奏です。彼のこの曲は有名で、よくCMなどにも使われています。

装飾音符が多く、ところどころリズムが付点になっています。ピノックが演奏を楽しんでいる様子がわかる動画です。

このcembの演奏が本来のバロック時代の演奏形態です。

ただ、現代ではcembではなくピアノで演奏されることのほうが多いようです。そこでいくつかピアノで演奏されているアリオーソをYou tubeから引っ張ってきました。


巨匠ケンプの演奏。落ち着いた味わいです。第三楽章に続くメロディもピアノで弾いているところが面白い✩リダクションは、もちろんケンプ自身です。



物凄くテンポが遅い演奏です。「おやすみクラシック」と書いてあるので子守唄チックに演奏されているのでしょう。結構アレンジされています。


おなじみグールドの演奏です。結構ふつ~なので、それはそれで意外!(笑)


最後にグールドの再来と言われているダヴィット・フレイのアリオーソです。音がとっても綺麗ですね。


私はこのフレイの演奏が一番すきです。2011年以降来日していないようなのですが、どなたか情報をおもちでしたら教えてください。生フレイを聴きたいです✩


関連記事
タロット講座にいってきました (02月23日)
昨日は臨時休業しました (02月20日)
去年の省察と今年の抱負 (01月01日)
今年1年ありがとうございました (12月29日)
師走の「師」は坊主のことです (12月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):