本日 185 人 - 昨日 374 人 - 累計 528838 人

大阪ハイドンアンサンブル第24回定期演奏会にいってきました

昨日は友人が出演する、大阪ハイドンアンサンブルの定期演奏会にいってきました。ハイドンアンサンブルは、同志社交響楽団OBが結成したオケで、演奏会で必ずハイドンの曲を演奏することを主としています。

flyer2018_24
コジ・ファン・トッテは、女性の心変わりを主題にしたものですが、Mozらしく時間の流れと心の移り変わりを見事に表しているオペラだと思います。
大阪ハイドンアンサンブルの演奏は、冒頭がちょっと速いように感じました。でも、弦楽器が綺麗で、とっても優雅でした☆

ハイドン「奇跡」は、聴いたことがない曲でした。ハイドンは、「毎日作曲したんじゃないか」と思われるほど多くの曲を残しているので、知らない曲もたくさんあります。

シューマン2番も聴いたことがない曲でした。チラシに、「第3楽章が優美で、主題はバッハの『音楽の捧げもの』からきている」と書かれていたので、主題を探して聴きました。確かにそう!見つけたときは、とっても嬉しかったです。また、3声のリチェルカーレをピアノで弾いてみたくなりました。

iel5gj8y
音楽の捧げものの主題

良く考えると、なんと半年ぶりのコンサートでした。忙しかったんだなぁ・・と改めて思いました。色んな充電の仕方がありますが、私はコンサートに行くことが最高の充電だとわかりました☆

■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)


あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):