本日 228 人 - 昨日 374 人 - 累計 528881 人

子猫を拾いましたが、生徒さんが預かってくれました

昨日、通勤途中のゴミ置き場の前で、鳴いている子猫を見つけました。生後1ヶ月ぐらいで、目があいていません。
28537

うちはいま、愛猫きゅうちゃん(17歳)が、末期の腎不全で、虹の橋を渡ろうとしています。残り少ない日を静かに過ごしたい・・でも、ほっとけない。結局、連れて帰りました。

それでさっそく、2匹合わせてみました。きゅうちゃんは、今まで数匹の子猫を育ててくれた優しい猫です。でも今回はさすがに迷惑そうでした。

IMG_20181014_080542

今日(14日)は、進学塾の日曜特訓でした。また、午後からはブルーノ・レオナルド・ゲルバーのピアノリサイタルでした。(コンサートの感想は、また後日書きます)私は、「きゅうちゃんと子猫が気になるので、第1部だけで帰ります」と、一緒にいた生徒さんに告げて帰って」きました。

すると、その生徒さんから「いま、コンサートが終わりました。今からそちらに行ってもいいですか?」とラインがありました。彼女は、保護猫活動をされている女性です。もちろんOKしました。

数時間後に、彼女はきました。それで、「先生はきゅうちゃんを看取ってください。私がちび猫を連れて帰って、しばらく育てます」と言ってくれました。本当に助かりました。彼女に感謝・感謝です☆

きゅうちゃんはもう、ご飯を食べなくなりました。缶詰もちゅ~るも嫌がります。かろうじてマグロは食べてくれます。でも、それも時間の問題でしょう。でも、生徒さんにチビ猫を預かってもらったので、これでしばらくまた、きゅうちゃんとゆっくりお別れをすることができるようになりました。

■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)


あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):