本日 21 人 - 昨日 480 人 - 累計 577024 人

間違えると「すみません」という生徒さん

70代後半の女性は、いつも間違えると「すみません」とおっしゃいます。「謝らなくてもいいですよ」と言ってもだめです。だから、彼女が間違えそうになる前に「おちついて」とか「そこはゆっくり」とか声をかけています。それでも彼女の「すみません」は止まりません。

3kqibofe
画像引用:
http://decoc.jp/material_3kqibofe_1


昨日のレッスンもそんな感じでした。それでレッスンが終わったときに「先生、ピアノは難しいですね」とおっしゃったのです。それを聞いて私は、彼女がピアノをイヤになったのかと思いました。

でもその後に「あぁ、とっても楽しい!難しいことに挑戦できるってしあわせ!」とおっしゃったのです。びっくりしました。失敗することが楽しいだなんて。

驚く私に彼女は、これまでの人生は、家族のために苦労してきたこと、失敗しながらピアノを弾く時間がとても楽しい自分だけの時間であること、曲が弾けたときに今まで感じたことがないような達成感があることなどを話してくれました。
そして、「先生、ごめんね。でも細く長くお願いします」とおっしゃいました。

彼女は、うまく弾けないことを楽しんでらっしゃったのです。これにはまったく気がつきませんでした。私は、どうすれば彼女が間違えずに弾けるか、ばかり考えていたのです。

頑張っている自分が好き・・これは、若い人だけのものじゃないことに気づいた昨日のレッスンでした!(^^)!


■おとなのピアノ指導、保育士ピアノ指導、大教大附属中学受験音楽指導に興味があるピアノの先生は、こちらをご覧ください。
■おとなの自主性を育むピアノ専用テキスト『滝本式ピアノ教本』の販売は、こちらです(送料無料)
■音楽教室&カラオケ喫茶「ミュージックハウス猫太郎」は、こちらです

あなたもホームページを作ってみませんか⇒かんたんホームページGrupo


タグ: レッスン

コメント
name.. :記憶する
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):