命がけで託された2つの命

過去の記事「突然ですが」に書いていたように、昨日、猫ともNさんの愛猫「ちとせちゃん」を引き取りました。今日は、Nさんと私の出会いから譲渡に至るまでと、もう1匹の保護猫「凛太郎くん」のことを書きます。


出会い

Nさんと初めて会ったのは、昨年9月。南河内猫の会さんから紹介してもらいました。

そしてその時に、がん闘病中だと聞きました。でもお仕事をされていて、とてもお元気でした。


当時Nさんは、はじめて外猫を捕獲する準備をされていました。そして南河内猫の会さんの協力で捕獲・手術・保護された猫が「凛太郎くん」です。凛太郎くんは長く外にいたため、人慣れしていない猫さんでした。


凛太郎

凛太郎くん


その後、近所から「迷いネコがいる」と相談を受け保護されたのが、「ちとせちゃん」です。この子は人間が大好きで近寄ってきたそうです。


A3E6931D-C05D-4786-AF9B-837B53908EBA

ちとせちゃん


私は、年齢が近かったこと、同じ大阪狭山市在住であることなどからNさんと仲良くなりました。

Nさんは、南河内ねこの会さん主催の「猫ともの会」や、私が主催する「ぴあねこの会」にも顔を出してくれました。


私にとって、大阪狭山市ではじめての猫ともさんです。これからもずっと、猫の話ができると思っていました。

ところが、それは長くは続きませんでした。


Nさんからの相談

2021年9月1(月)日、突然Nさんからラインが来ました。

そこには、具合が悪くなり入院したこと、余命宣告をされて退院したこと、凛太郎くんとちとせちゃんを保護施設に預けたいこと、が書かれていました。


施設への永年譲渡はまとまった費用がかかります。Nさんは施設への譲渡依頼を諦めました。そこで私は、ちとせちゃんの里親を申し出ました。凛太郎君については、近隣の方が地域猫としてみてくださることに決められました。


しかし、保護した猫を再び外猫にすること・・これは人間の都合で猫を振り回していることに他なりません。ある意味、遺棄になる。でも、私にはどうしても攻撃性のある凛太郎くんをひきとる決心がつきませんでした。Nさんは、凜太郎くんのことをとても気にされていました。


その後Nさんは、腹水がたまり、起きていることが辛くなりました。それでも一生懸命ラインの交換をしてくれました。


以下は、6日(月)のラインです。

9月6日 9月6日2

これが最後のラインになりました。


凛太郎君のこと

私は南河内猫の会さんに、Nさんのことを話しました。すると「凛太郎くんはうちで引き取ります」と嬉しい申し出をいただきました。よかった!ほんとうによかった!


南河内猫の会さんのお宅には、すでに譲渡まちの多くの猫がいます。そこに人慣れしていない凛太郎くんが来る。これは大変な負担です。


でも、凛太郎くんはあのままでは長くは生きられない。南河内猫の会さんの深い猫愛で、凛太郎くんは救われました。


そして11日(土)にNさんの息子さんが、ちとせちゃんと可能なら凛太郎くんを捕まえて、一緒にうちで引き渡しをすることになりました。


無言電話と息子さんからの連絡

9日(木)15時10分、突然Nさんから電話がかかってきました。しかし何も話されません。その後かけなおしても出られませんし、ラインをしても既読がつきません。

嫌な予感がしました。でも、家を知らない私には確かめることもできません。不安だけが募りました。


次の日、Nさんの息子さんから電話がありました。Nさんが吐血して入院したこと、すでに意識がないとのことでした。そこで大変な時なので、譲渡の延期を提案しました。しかし「母が土曜日にみかんさんに猫を渡してほしいと言っていた」とのことで、予定通り11日に譲渡してもらうことになりました。


命がけで託された命

息子さんは時間通りにうちに来られました。凛太郎くんが捕まらないときは、南河内猫の会さんが捕まえに行ってくださる予定でしたが、「迷惑はかけられない」ということで手に傷をいっぱい作りながら凛太郎くんを捕まえて、一緒に連れてこられました。


無言電話のことを話すと、「母は最期に猫のことをみかんさんに頼みたかったのでしょう。おそらくその後に意識がなくなったと思います」とおっしゃいました。「母は2週間前まで仕事に行っていた。こんなに急激に体調が悪くなるとは思わなかった」とのことでした。


私は、うちに来たちとせちゃんの様子を動画を撮ってもらいました。そしてそれを「Nさんの耳元で再生してほしい」とお願いしました。間に合ってほしい・・・そればかり考えていました。私は動画のなかで、Nさんに「猫さんたちのことは心配しないで」と何度も伝えました。


その後、息子さんが帰られたあと、凛太郎くんは南河内猫の会さんが引き取りに来られました。


ちとせちゃんのこと

ちとせちゃんは「ちーたん」に改名し、正式にうちの猫になりました。

しばらく他の猫とは別に生活してもらいます。

昨夜は鳴きもせず、おとなしく眠っていました。


これからどうなることやら・・うちの先住猫と仲良くなってくれると嬉しいなぁ☆


想いが届きました

昨日、Nさんの息子さんから報告がありました。猫さんの動画を病床のNさんの耳元で再生したところ、意識が混濁されていますが、Nさんは確かにうなずいてくださったそうです!

間に合いました!応援してくださった皆さん、ありがとうございます!(9月13日追記)


10月5日追記

Nさんが、亡くなられました。

ちーたんには「ママが亡くなったよ。これからはずっとちーたんと一緒にいるよ」と伝えました。

何にもわからないちーたんは、細い声で「ニャ―」と鳴きました。




コメント
name.. :記憶
url..